2013年07月16日

家庭で作れる低カロリードレッシング

今回は「家庭で作れる低カロリードレッシング」を紹介します。

ご存知の方も多いと思いますが、ドレッシング類はけっこうカロリーの高いものが多いです。

たとえば一般的なドレッシングの100gあたりのカロリーは、

和風ドレッシングが300kcal、

フレンチドレッシングが400kcal、

ごまドレッシングが530kcalとなっています。

(ドレッシングは、基本的には油:酢=2:1〜3:1の割合で作っています。油の割合が多ければ多いほど、カロリーも高くなります。)


健康によくてカロリーの低いサラダを食べても、そのサラダにかけるドレッシングが高カロリーで油分が多ければ、かえって健康に悪くなるかもしれません。

そこで今回は参考にした本のなかから、家庭で作れる3種類の低カロリードレッシング(本では「低エネルギードレッシング」と表記)とその作り方を紹介します。

(いずれも1人分。名称・カロリー・作り方の順で表示しています。)

まずは、魚介のサラダに合う「キウイドレッシング」(40kcal)。

これは、キウイ2分の1個をみじん切りにして、レモン汁小さじ1、オリーブオイル小さじ2分の1、塩をひとつまみを加えれば出来上がりです。

次に、イタリアンに合う「バジルドレッシング」(17kcal)。

これは、バジルの葉(またはしその葉)をあらみじんにして、ヨーグルト大さじ1、レモン汁小さじ1、みそ小さじ1を加えれば出来上がり。

3つ目は、しょうが風味が新鮮な「ノンオイルしょうがドレッシング」(10kcal)。

これは、しょうが薄切り1枚をみじんぎりにして、レモン汁大さじ1、だし汁小さじ1、しょうゆ小さじ1を加えれば出来上がりです。

これらの低カロリードレッシングは材料や手間もそれほどかからず作れますので、ドレッシングのカロリーが気になる方は一度試してみてはいかがでしょうか。

なお、市販のノンオイルドレッシングや低カロリーのマヨネーズなども合わせて使用したいところですが、これらのなかにはブドウ糖を使っているものも多いので、表示を確認してから選ぶことが必要です。

(参考:松葉育郎/著,『糖尿病を上手にコントロールする生活術』,主婦の友社,2006)


posted by やっちゃん at 12:35| ダイエット知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。