2014年01月06日

焼肉屋のNGメニュー・OKメニュー

今回は、「焼肉屋のNGメニュー・OKメニュー」についてお話します。

参考にした本によると、NGメニュー・OKメニューは以下のとおりです。

・NGメニュー・・・タン・カルビ・モツ

まず、太りやすいNGメニューの筆頭は、カルビ(和牛ばら肉)です。

カルビは肉のなかでもダントツの高エネルギーで、100g当たり517kcal。

次に、焼肉屋で真っ先に注文する人も多いタン塩(牛タン)。

牛タンのエネルギー量は、100g当たり270kcal。

モツは、ヘルシーなイメージがあるかもしれませんが、よく見ると、うすい皮の部分にグニュグニュと脂肪がついています。

これは動物性の脂なので、とりすぎると動脈硬化の元になる可能性もあります。

・OKメニュー・・・センマイ・コブクロ・ミノ

ホルモン系の肉で、エネルギー量が低めなのは、脂肪の少ないセンマイやコブクロ、ミノなどです。

100g当たり、センマイ(牛肉の第三胃)は62kcal、コブクロ(牛肉の子宮)は106kcalです。

牛肉以外では、豚の赤身やラム、鶏肉などもおすすめです。

ただし、OKメニューばかり食べていたらやせられる、というわけではありません。

前提として、ダイエットしたいなら

「毎日焼肉を食べる」といった生活はしない

肉だけを食べるのではなく、途中に米や野菜を挟んで食べる

といった心がけが大事ですので、これらの点は忘れないようにしましょう。


posted by やっちゃん at 12:15| ダイエット知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。